homepage_top

2009年8月30日日曜日

PROFILE

試しにProfileを書いてみました。
堅苦しいのはそのうち直しますね~。(いつだろ。。。)


HITOMI

ヨガインストラクター

・全米ヨガアライアンスRYT200時間修了
・インド政府公認ヴィヴェカナンダヨーガ研究所ヨーガ教師



詳歴

〔ハタヨガ以前〕

・幼少期より、「私は誰か」という人間の本質的問いに関心を寄せる。

・高校・大学在学中は、合唱やクラシック音楽活動を通して心の探求をする。
カトリック作曲家である高田三郎氏や、合唱の神様と呼ばれるMichel Corboz氏の指揮の下歌う機会に恵まれ、彼らからカトリシズムと自己について学ぶ。



・西洋カトリックから生まれた内観法の一つであるPRH (Personarite Relations Humanité)のセッションに繰り返し参加し、高田留奈子女史のもと、研鑽を積む。。「私は誰か」「自然を通して自己に近づく」「私の本質的行動」の3つのセッションを修了。

・自己探求のための学問を探し、細分化された学問分野の再統合という理想を胸に大学の教養学部人間科学専攻を卒業。
しかし、現実は理想とは遠く、研究者はクオリティーが高まるほどに重箱の隅をつついている状況に落胆。

・その後も、真の知識とは探求するほどに普遍的なものになるはずだという思いから、
西洋哲学・思想・クラシック音楽活動なども通しながら探求を続けるが、
それまでフィールドとしてきた西洋=キリスト教的二元論の前に自分の世界観探求の行き詰まりを感じる。
その頃、現代社会の直面している閉塞状況と自分自身の行き詰まりとが重なり合っていることを感じていた。

・2003年までに、上智大学神学科(聴講)にて、高等学校宗教科教諭必要単位数を修了。

・その後少しずつ視点を模索し、食や暮らしの面からのアプローチを探求する中で答えを見つけていく。

・2000年頃に大谷ゆみこ女史の提唱する未来食の考え方と本で出会い、
2004年には大谷ゆみこ女史より直接、サバイバルセミナーを受講する機会に恵まれる。

・その他、Browon Rice Whole Food SeminarやOrganic Baseなどでも学ぶ。

・また、合成洗剤やさまざまな添加物入りの生活から解放される一つの助けとして、Aroma therapyを学ぶべく、

ニールズヤードレメディーズの主催するSchool of Natural Medicinesの基礎コースを修了。

・2005年夏、友人が懸賞で当たった一眼レフカメラをくれたことをきっかけに、「写真を撮ること」も自分の新たな「視点」として加わっていく。

・声楽、合唱活動、音楽鑑賞、さまざまな美術や写真などからもインスピレーションを得つつ過ごす。

・根本的な思想的打開策の在り処に少しずつ気付き、ヨガを始めることの必要性にも気付いていながら、西洋哲学・思想などを通して今まで学んできた経緯から、一からアジア思想探求を始めることの膨大さに二の足を踏んでいた。




〔ハタヨガ以降〕
2005年12月
直接のきっかけは肩がこったこと。
studio yoggy に通い始め、以降定期的なハタヨガプラクティスを開始。
その途端、膨大な思想探求という論理的な十字架から解放され、
心身のむすびつきの面から世界を自由に探求し始める。

2006年11月
アヌサラヨガ創始者John Friend集中ワークショップ参加

2007年5月より、
瞑想、プラナヤマ、ヨガ哲学・歴史をEmil Wendel氏に師事。


2007年5月より、
Yoga Niketanに通い始める。木村慧心氏に師事。
シャンカラについての講義などから、真の知識とは深めるほどに普遍的なものになるという
自身の仮説の答えがまさにヨガにあるということを知り、確信を深める。

2007年11月、2008年10月
ゴエンカ師の提唱するVipassanaa瞑想に参加。

2008年2月
インド政府公認ヴィヴェーカナンダヨーガ研究財団ヨーガ教師資格取得

2009年5月
UNDER THE LIGHT YOGA SCHOOLにて、Yoga Arts提携プログラムの元、
全米ヨガアライアンス認定200時間トレーニング修了。

2009年5月
Emil Wendel氏の哲学講義受講により、自分の中で分断されていた大学時代からの
西洋思想とヨガ的思想との密接なつながりを再び確認できるという感動的な体験をする。
現在も、物事および自己認識への探求が続く。

学生時代から行ってきた試行錯誤のすべては、
すべてのものごとをつなげていく作業=Yogaであったことを改めて想う。


その認識に至った上で、自分の中で閉塞していた時代には為し得なかった、「人に伝える」ということを、

ヨガクラスの形で2009年より開始する。

受講者自身の内面の気付きを大事にするヨガセラピーの考え方に基づき、さまざまなヨガからの学びによる、リラックスできるハタヨガ指導を心がける。



ヨガには大切な要素がたくさんつまっています。
私自身は思想面からヨガにたどり着き、身体的な心地よさへつながりましたが、
入り口はどこでも良いと思います。
身体的なエクササイズと思うもよし、集中力をつける手段と考えるもよし。
体験していくうちにさまざまなところへと自然につながっていくと思います。

同じ一つのレッスンでも、その人に今必要な気付きを与えてくれるのがヨガではないでしょうか。



よく練習する好きなヨガ:アヌサラヨガ、ヴィンヤサスタイルハタヨガ、シヴァナンダヨガ

時々練習する好きなヨガ:ラージャヨガ、陰ヨガ、シャドウヨガ、アシュタンガヨガ、など

指導スタイル:ハタヨガ、ハタフローヨガ、リラックスヨガ、呼吸法と瞑想、ヨガ&骨盤調整など





・HARMONY YOGA主催・講師
・シュクラ/ハラジュク講師
・都内フィットネススタジオ複数契約講師
・三宝寺☆ヨガ講師
・High5yoga主催・講師
・Largo主催・講師
・Beyond the Asana主催・講師