homepage_top

2011年10月16日日曜日

翡翠

今日は朝の石神井公園でカワセミ(幸せの青い鳥♪)が足下を横切って飛んでくれたのをスタートに、面白いことがいっぱいあったのですが、この写真の出来事が一番人だかりがしていて、一番みんな楽しそうだったのでこの写真をアップ。

仕事先の路面で見た都電の車両です。
東京都交通局が100周年だそうで。
私達の今年一年のことを思ったら、一体100年なんていう月日の間にはどれだけのことがあったのかな。

心を、肉体が今いるこの瞬間に留めておくこと、心身のつながりを今この瞬間維持していくことが、魂の健やかさにつながる。

では今この瞬間とは何かと問えば、それは未来であり過去であり、すべての総称なのでしょう。

無限の時間に思いを馳せていくとき、さらに思うレヴィ=ストロースの言葉

「世界は人間なしに始まったし、人間なしに終わるだろう」

都電から『悲しき熱帯』までが、ゆっくりと駅から車両が走り去る短い間に私の中に起こる。
人の心はいつも無限に駆け巡る。

今を支えてくれているすべての過去と未来に感謝します。
ありがとうございます。


※ カワセミは中国で翡翠と呼ばれていて、宝石の翡翠はこの鳥の名前からとったんですって。