homepage_top

2011年10月23日日曜日

真実を語る言葉



虚飾を排し、どこまでも素朴でありたいし、

逆にどこまでも華麗でありたい。

と、思うことは矛盾はしない。

すべてが真実であればよい。
その一点に向かっていけばよい。

華麗でありながら真実を語る人、レヴィ・ストロース。


対話&写真集『レヴィ=ストロースの庭
軽やかに、踊るように優雅なたくさんの言葉。
真実のかたまり。

こんな風にこの世の美しさのすべてを言葉に表せる日が私には来るだろうか。

それはまるで、ヨガをしながら、
音楽の道を究めることによく似ていると思う。

今日、クラスを共に出来た皆さんに感謝です。