homepage_top

2006年3月29日水曜日

O HA NA MI


一眼レフカメラを持って初めての春、桜!

今日はイタリア語の授業の日。学校の最寄り駅は九段下。
千鳥ヶ淵も靖国神社も人、人、人!
(おまけに武道館でコンサートがあるというダブルパンチ!)
お花見をしてから行こうと思ったのに、千鳥ヶ淵緑道にちょっと入るだけでも行列に並ばなければならないほどの人の波。
(混乱を避けるため一方通行で歩いて花見するようになっているのです。)

遠くから写真を撮って、とりあえず終了。

…まあいいか。


この日、授業でもお花見の話になりました。
在日10年のイタリア人先生の考える「花見」とは。

‘Hanami’
Faccio ‘hanami’.
Guardo i fiori di ciliegio.
Sono felice.
E un' usanza giapponese.
Una tradizione.
Per me, ‘hanami’ significa
① L'arrivo della primavera.
② La vita e breve e gragile.
③ Carpe diem.
④ Sento unpo' di marinconia.
⑤ Ho nostalgia del passato.
⑥ I petani che cadono lentamente segnano un certo tempo.Un tempo perduto.Il tempo che e dentro di noi.Il tempo del cuore.Forse e il tempo dell'amore.Nell'era Heian, era un tempo elegante, delicato. Oggi...

Che cosa significa ‘Hanami’ per te?

(特殊記号は省略 (^^;)